銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
顎関節症 / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科



治療/アレーズ銀座歯科



口を開けると顎で音がする、、口が開かない、、(顎関節症)

顎関節症になる原因は、様々です。強くぶつけた事がある、肘をついて寝る癖がある、過度のストレスなどが代表ですが、一番多い原因は咬み合わせです。下図のように人の下顎にはえた歯がぴったり咬み合う位置と、顎関節の一番リラックスする位置は正常な方では一致します。

これがずれてしまうと、歯か顎関節のどちらかが負担を背負う事になります。ホームページ上ではこれ以上は難しい話しになってしまいますが、これらを厳密に知るためには詳しい検査が必要となります。

咬み合わせから来る顎関節症の方には、オクルーザルアプライアンスとよばれるマウスピースのような装置にマイクロレベルでの正しい咬み合わせを与え使用していただくことで、一時的には軽減します。

その先どういった治療方法で行なっていくかは、しっかりとご相談させていただきます。


一般歯科TOPへ戻る
なるべく歯を削らないむし歯の治療法痛くない麻酔をするために(無痛治療)
他院で「もうこの歯は残せない」と言われた方、あきらめないでください!
咬み合わせでお困りの方へ口を開けると顎で音がする、、口が開かない、、(顎関節症)
むし歯歯周病むし歯リスク診断および歯周病リスク診断
口臭についてPMTCおよび3DS全身の健康と歯の健康の関連性