アレーズ銀座歯科アレーズ銀座歯科


切開を伴わないインプラント

切開を伴わない新しいインプラント埋入法(ノーベルガイド)

入れ歯で大変な思いをしている、 インプラントにしたいけど手術が恐い
などの方にお勧めです!!


切開なし(メスを使わず)でインプラント埋入

手術した当日に咬める様になる即日インプラント(ワンデイインプラント)


最新のインプラントシステム
「ノーベルガイド」

ノーベルガイドシステムとは、どういう物なのでしょうか?
従来のインプラント治療では、咬み合わせを考慮した模型の作製後、理想的な冠の位置を特定し、そのポジションでのCT撮影を行い、事前に骨形態をある程度予測してからインプラントの手術を行います。
これは、あくまで骨形態の予測でしかありませんので、3次元的な確認は、実際手術中に切開(メス)を入れ、目で見て確認しながら埋入手術を施します。
ノーベルガイドシステムは、CT撮影から断片的に得られた骨形態を海外にデータとして送り、スキャニングを行う事で、3次元的な画像として事前に骨形態が捉えられ、埋入するポジションをパソコン上で設定してインプラントテンプレートと呼ばれる、埋入用の器具を事前に作製することで、切開を行わず手術が行えます。
さらに、事前に埋入するポジションが正確に把握できているため、仮歯の外形を作製しておけば、それに合わせた仮歯が、その日に入れられ、お肉でも当日から咬めるという画期的な治療方法です。

ノーベルガイドの特徴・メリット

予知性、安全性の向上
CT撮影で得られた画像とコンピュータスキャニングソフト(Procera.Software)を用いた3次元画像による埋入シュミレーションにより安全性・予知性が向上。
インプラント埋入時には、ポジションがとても重要となります。上部構造(冠の部分で歯の形となる部分)から逆算されたポジションが、理想となります。また、神経、動脈の走行部位や副鼻腔の位置を事前に把握する事もとても大事です。ノーベルガイドによって事前にそれらすべてを画像上に表す事が、可能となりました。

手術時間、治癒期間の短縮
3次元画像上で決定した埋入ポジションをサージカルテンプレートに移し替え、画像上のポジションをそのまま再現。骨形態が把握出来ているので、切開しないでそのままインプラント埋入。
画像上で立てられた治療計画を患者様のお口の中に全く同じ様に再現出来ます。コンピュータ上の資料から機械によって作製されたサージカルテンプレート。後はテンプレートをお口の中に固定して、そのプレート通りに埋入すれば良いのです。切開剥離が不必要なため、手術後の腫れもなく、治癒がとても早いです。

手術当日からなんでも咬める様になる(即日治療)
ノーベルガイド上で立てられた治療計画から事前に上部構造体を作製。ポジションがパソコンソフト上と口腔内で一致し、その日の内になんでも咬める。
事前にパソコンのソフト上で立てられた治療計画が、そのままサージカルテンプレートに再現されており、上部構造体(冠の部分)も事前にお造りしておく事ができます。よって埋入手術を行った直後に歯が入り、侵襲がすくないためその日の内になんでも咬めます。


インプラントTOP
歯が無くなると???
入れ歯?ブリッジ?インプラントの比較
目的に合わせたインプラント治療法
静脈内鎮静法とは?
切開しないで行える新しいインプラント治療法
全てのインプラント治療を可能にする再生医療
インプラント治療の診査
インプラント治療の流れ
前歯のインプラント
手術中の滅菌システム
インプラント治療を希望される方へ
インプラントQ&A
インプラント症例



診療時間






地下鉄銀座駅 B5出口より徒歩1分
(銀座並木通り)
[GoogleMAP]

ご予約お問い合わせ