アレーズ銀座歯科アレーズ銀座歯科


むし歯(虫歯)

むし歯(虫歯)は、お口の中が酸性になることで歯のカルシウムが溶け出しておこるものです。
ごく初期のC0(以下で説明)の場合、治ることがありますが、一般的に他の病気とは異なり、もとにはもどりません。
まず、むし歯にならないように注意しましょう。

虫歯予防の為のスリーステップケア





むし歯のはじまり
私たちのおロの中では、歯を溶かす作用(脱灰)と歯を守る作用(再石灰化)が同時に行われていて、このバランスがとれていれば歯は健康です。ところが何かの原因で歯を溶かす作用が強くなると、歯の表面からカルシウムがどんどん溶け出してむし歯が始まります。

むし歯の進行
むし歯は下のように悪化していきます。
C0自覚症状はありませんが、歯の表面に黒いところや不透明なにごりができます。この段階では、フッ化物やシーラント(予防填塞)で治すことが可能です。
C1歯の表面(エナメル質)に限局したむし歯です。自覚症状はまだありません。
C2象牙質まで進行したむし歯です。冷たいものがしみることがあります。
C3歯の神経(歯髄)まで達したむし歯です。夜眠れないほどのずきずきした激しい痛みがあります。
C4歯が崩壊し、根っこの先にも膿がみられます。



C0
C1
C2
C3
C4

むし歯になる4つの条件
お口の中には300〜400種類もの菌がいると報告されています。その中でむし歯菌をつくる主な菌としてミュータンス菌や乳酸桿菌(ラクトバシラス菌など)があります。これらの菌がお口の中の酸性度を高めます。
そして菌の働きを高めるのが、偏った食事と飲食回数の多さです。お口の中は飲食後酸性に傾きますが、唾液による「再石灰化」の働きで、元のアルカリ性に戻ります。しかし、飲食回数が多いと「再石灰化」する時間が少なくなり「脱灰」が優性となります。
また、遺伝的にもともと歯の性質が悪く、すぐにむし歯になる人もいれば、歯の性質が良くむし歯になりにくい人もいます。

 よって、むし歯は、
1.むし歯菌の数
2.糖分の摂取量
3.歯の性質
 の3つの要因と
4.その要因が重複する時間
 が影響して発症します。



むし歯にならないように歯磨きをすることは誰もが知っています。日本人のほとんどの人が一日2回以上磨いています。でも虫歯になってしまう。

やはり、上記の4つの条件を把握した上で予防を実践しなければ、いくら治療してもまた虫歯になってしまいます。
自分にはどんなリスクがあるのかを知り、自分にあった予防をはじめてください!





診療時間



2019年9月1日より
診療時間が変更となります

詳しくはこちらをご覧ください



地下鉄銀座駅 B5出口より徒歩1分
(銀座並木通り)
[GoogleMAP]

ご予約お問い合わせ