アレーズ銀座歯科アレーズ銀座歯科


インプラント治療の種類

インプラント手術法の数々(患者様のニーズに応えるための治療方法の選択)

インプラントの術式
長年の研究にわたり、今現在あらゆる方法が提唱されており、代表的なものを以下に簡単に記載します。


抜歯後即時埋入(immediate)
抜歯と同時にインプラントを埋入します。治療期間が短縮されます。


抜歯後待時埋入(delayed)
抜歯後4〜8週間を待って、上皮が治癒した後にインプラントを埋入します。生体の治癒能力が最も高い時期に埋入します。


抜歯後遅延埋入(late)
抜歯後6〜10ヶ月待って、上皮と骨が治癒した後にインプラントを埋入します。術後感染のリスクを最小限にします。


抜歯骨増大後埋入(staged)
抜歯前や後に、顎の骨の吸収がおきてしまい、インプラントを埋入するだけの充分な骨がなくなってしまった方に、GBRやソケットリフトといったいわゆる骨を造る処置を事前に行ない、インプラントを埋入します。
骨がなくてインプラント治療が不可能と言われた方でも、この術式により可能となります。

これらの治療方法は、詳しい診査の後に、どの方法が適正かを診断させていただいた上で行ないます。詳しくは当院スタッフにご相談ください。


インプラントTOP
歯が無くなると???
入れ歯?ブリッジ?インプラントの比較
目的に合わせたインプラント治療法
静脈内鎮静法とは?
切開しないで行える新しいインプラント治療法
全てのインプラント治療を可能にする再生医療
インプラント治療の診査
インプラント治療の流れ
前歯のインプラント
手術中の滅菌システム
インプラント治療を希望される方へ
インプラントQ&A
インプラント症例



診療時間



2019年9月1日より
診療時間が変更となります

詳しくはこちらをご覧ください



地下鉄銀座駅 B5出口より徒歩1分
(銀座並木通り)
[GoogleMAP]

ご予約お問い合わせ