アレーズ銀座歯科アレーズ銀座歯科


静脈内鎮静法とは?

手術中の痛みについて

インプラントを埋入する際の手術中の痛みは、局所の麻酔を行なっていますので全くありません。また、手術自体も他の手術に比べ、30分〜1時間程度で終わることがほとんどで、非常に簡単な手術といえます。しかしながら、意識のある中で手術を受けることに抵抗のある方はもいらっしゃいます。そういった方のために、静脈内鎮静法という軽い全身麻酔法をご用意しています。

静脈内鎮静法とは
静脈内鎮静法とは、わかりやすくご説明するならば、局所麻酔と全身麻酔の中間に当たる処置です。

静脈内鎮静法

全身麻酔は、麻酔医によって完全に眠った状態で処置を行ないますが、静脈内鎮静法では、意識はあるのですが苦痛や不安を取り除かれ、半分眠ったような状態で気付くと処置が終わっています。専門の麻酔医によって心電図、血圧、心拍数、血中飽和濃度などをモニタリングしながら行ないますので安心です。


インプラントTOP
歯が無くなると???
入れ歯?ブリッジ?インプラントの比較
目的に合わせたインプラント治療法
静脈内鎮静法とは?
切開しないで行える新しいインプラント治療法
全てのインプラント治療を可能にする再生医療
インプラント治療の診査
インプラント治療の流れ
前歯のインプラント
手術中の滅菌システム
インプラント治療を希望される方へ
インプラントQ&A
インプラント症例



診療時間



2019年9月1日より
診療時間が変更となります

詳しくはこちらをご覧ください



地下鉄銀座駅 B5出口より徒歩1分
(銀座並木通り)
[GoogleMAP]

ご予約お問い合わせ