アレーズ銀座歯科アレーズ銀座歯科


歯科材料と金属アレルギー

アレルギーとは、本来生体がもつ有益な防御反応である免疫機能が過剰に働くために起こるもので、特定の金属に対して過敏に反応して病的な障害をもたらすことが金属アレルギーです。金属は腐蝕が起こりやすく、表面に光沢があるように見えても長期的には合金の成分元素が溶出し、人によっては金属アレルギー症状を引き起こすことがわかっています。
歯科用金属も多くの合金を含んでいる。問題は、

@金属が常に唾液などの電解質にさらされ、生体組織を構成するタンパク質にも接していること
A金属製の歯冠修復物に接触する歯肉のポケットは炎症性の浸出液がでやすいこと
B微生物により酸が産生されていること
C隣の歯と歯の空間は構造的にも金属が腐蝕して溶け出しやすい環境であること


と、口腔内は金属にとってかなり過酷な環境であり、アレルギー体質の方は使用する歯科材料は選択するべきです。


メタルフリー治療top
 
歯科材料と重金属問題

歯科材料と金属アレルギー



診療時間



2019年9月1日より
診療時間が変更となります

詳しくはこちらをご覧ください



地下鉄銀座駅 B5出口より徒歩1分
(銀座並木通り)
[GoogleMAP]

ご予約お問い合わせ