銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
感染症と口腔ケア / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科
トップページ医院案内クリニック案内一般歯科予防歯周病インプラント相談



感染症と口腔ケア

はじめに

2019年中国湖北省武漢より発生した新型肺炎(Covid-19)は世界的パンデミックを引き起こし、感染症の恐ろしさを私たちに痛感させました。今現在も終息の兆しが みえず、健康被害に遭われた方々には心よりお悔やみ申し上げます。これからも徹底した感染予防に努めたいと思います。
当院では歯科という分野で医療に従事する立場として、何が貢献、発信できるのかを考えました。本稿では、『感染症と口腔衛生』について記載致します。


感染症はどうやってうつるか?

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に限らず、感染症とは以下の3つの条件が揃った場合に生じます。
1. 感染源 (保菌者または発症者)
2. 感染経路 (くしゃみなどによる飛沫感染、物や手を介する接触感染、核となるウイルス自体が浮遊する空気感染など)
3. 感染を受けやすい人(感受性のある宿主)
です。

これらの条件を一つでも回避することができれば、感染は成り立たないと言えます。

今回のSARS-CoV-2は、『その保菌者の唾液を含んだ飛沫感染』『唾液や糞便、鼻汁などが触れた箇所を健常者が触れた手で顔の粘膜を触った際の接触感染』が主な感染経路と考えられていましたが、『唾液を含んだ飛沫の水分が蒸発し、核となるウイルス本体が非常に軽いために浮遊し感染する空気感染(一般的にはエアロゾルと表現されているが)』の可能性もあることがわかってきました。

そのために、密室での人と人との接触を避け、マスクやメガネをすることにより顔を手で触らないようにし、指先の爪の中まで徹底した手洗いを頻繁に行うことなどが推奨されており、当院もそれらが最も重要と考えております。

しかしながら、これらを長期に守り続けることは実際には非常に困難と考えられます。家族や友人、仕事関係など社会生活を行う上で避けられない場面も多いと思います。


免疫力を高める

それでは、長期的なウイルスとの戦いと考えると、私たちが今から準備しておくべきことはなんでしょうか?

項目3を回避することではないでしょうか?

つまり宿主とならないように免疫力を高めることです。

バランスのとれた食事、良質な睡眠、適度な運動やストレッチを行うことは、血流や免疫力を高め、感染予防に限らず様々な健康効果が期待できます。

当院では、日本大学松戸歯学部衛生学教室の有川量崇教授のご指導のもと、兼ねてより高濃度ビタミンCに代表されるような栄養素と口腔内健康の関係について情報提供を行ってまいりました。(高濃度ビタミンCを摂取すれば全て治るということではありません。あくまで健康サポートと考えバランスのとれた食事を重視してください。)


Nishida M, Grossi SG, Dunford RG, et al.: Dietary vitamin C and the risk for periodontal disease. J Periodontol, 71: 1215-1223, 2000.

Chapple IL, Milward MR, Dietrich T.: The prevalence of in?ammatory periodontitis is negatively associated with serum antioxidant concentrations. J Nutr, 137: 657-664, 2007.

Amarasena N, Ogawa H, Yoshihara A, et al.: Serum vitamin C-periodontal relationship in community-dwelling elderly Japanese. J Clin Periodontol, 32: 93-97, 2005.

https://nds.dent.niigata-u.ac.jp/journal/401/401-85.pdf


また、健康に対する効果もかつてより報告されており、様々な有効性も示唆されます。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/83/1/83_KJ00005189091/_pdf/char/ja

https://www.tmghig.jp/research/release/cms_upload/press_2_20131002.pdf

良質な睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動やストレッチは健康にとってとても大事なのです。


口腔衛生と健康

このお話をする前に、読んでいただいている方々にお聞きしたいことがあります。

皆様は、歯科医院で定期的に歯の歯石、ステインやプラークを除去したりしてますか?

正しい歯ブラシによるブラッシングを行っている自信はありますか?

もし、これらを数ヶ月以上放置している方がいらっしゃいましたら、必ず口腔内にはあらゆる細菌が繁殖し、非常に不衛生になっているとお考えください。

『必ず』です。

口腔内にはもともと未同定の細菌を含め約700種類の細菌が大量に生息しております。これらはプラークとして集合体をなすと、バイオフィルムという細菌同士のバリアーを形成します。

お風呂の滑り(ぬめり)と同じです。

お風呂の滑りは、次亜塩素酸ナトリウム系の『カビ取り剤』を使用するか、タワシで擦ることで取り除けます。

口の中に『カビ取り剤』を使用できますか??

無理です。お口の中の大事な細胞まで死んでしまいます。

つまり、口腔内のバイオフィルムは、基本的に擦りとって除去するしかないのです。

もし、歯と歯の間や、歯と歯茎の隙間に自分では見えない磨き残しがいつも残り、それがやがて蓄積し、唾液中のミネラルとともに歯石となって歯の表面に付着すると、ブラッシングでも除去できなくなります。やがて歯石は歯を支えている歯槽骨の吸収を促し、歯周病となります。

現在この細菌は血中にも入り込み、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、早産、糖尿病のリスクファクターとなることも分かっております。

 
歯石が沈着   歯石除去後

歯と歯の間や歯と歯茎の間は、正しいブラッシング指導を受けていなければ、必ずといっていいほど磨けていない。一度歯石になると専用の器具でなければ除去できない。

今話題のWHOでは、正しくはお口の中を染め出しして90パーセント以上の磨き残しがないことを推奨しております。

   

また、我々歯科医療従事者でさえ100パーセントは不可能ですので、歯と歯の間の隙間の深さ(歯周ポケット)を計測し、定期的な歯の正しいクリーニングのもと歯石を除去しましょう。


咀嚼と感染症

咀嚼機能が低い状態(100mg/dl以下)が長期間続くと、糖質偏重食が常態化してしまい、タンパク質が摂取できずに低栄養が進行し、血中アルブミン値が低下(3.5g/dl以下)し、著しい免疫力低下を招くことになります。

また糖尿病悪化のリスクを高めることにもつながります。

Takeuchi H et al. In?uences of Masticatory Function Recovery Combined with Health Guidance on Body Composition and Metabolic Parameters. Open Dent J 13: 124-136, 2019. Wakai K et al. Tooth loss and intakes of nutrients and foods: a nationwide survey of Japanese dentists. Community Dent Oral Epidemiol. 38(1): 43- 9, 2010.


もし、将来的に歯科医療提供の機能が停止するようなこととなれば、公衆衛生学的スケールで低栄養を招きかねず、COVID-19感染症の疾病重症化につながる恐れがあり、死亡率が上昇するリスクが高まると考えられます。

急性感染症と栄養の関係は決して疎遠ではなく、たとえ新型コロナウイルスに感染したとしても重症化しない身体維持が医療崩壊を防ぎ、国民の公衆衛生向上につながるものと考えます。一般にウイルスの感染成立はウイルスの入る量と、体の免疫力のバランスによって感染が成立し発症するか、自然治癒するかが決まります。体に入るウイルスの量を減らすためにも、日頃からの手洗い・うがい、体力(免疫力)の増強が必要です。


以上は、元国立感染症研究所客員研究員鶴見大学歯学部臨床教授医学博士武内博朗より引用改変した内容です。

このことは、今回の感染症に限らず多くの健康面において、実際に臨床に携わると切実に実感することです。

よく噛めることと、健康寿命(寝たきりにならず健康で長生きすること)は明らかに比例しております。


口腔衛生と感染症

感染症(疫病)との戦いは、人類の医療を進化させてきました。顕微鏡や抗生物質の発見などもその一つです。

前述しましたが、感染症予防のためには免疫力が非常に大事です。

免疫には大きく2つありますが、ワクチンなどの獲得免疫と唾液などの自然免疫があります。

唾液中には様々な抗体が存在し、強力な抗ウイルス作用を発揮します。



資料提供 日本大学松戸歯学部 衛生学教室 有川量崇教授 ご執筆文より引用改変

また、インフルエンザや風邪症候群のほとんどはウイルスが咽頭に付着し約20分ほどで細胞内に侵入を開始すると言われてます。

その侵入を助けてしまうのが、もともと口腔内に常在する細菌群が放出するノイラミニダーゼやプロテアーゼなどの酵素です。

口腔内の衛生状態が悪化することにより、口腔細菌数が増加(1x108cfu/ml以上)するとウイルスの感染力が増し、ウイルス性肺炎や人工呼吸器関連肺炎(VAP)を増悪させることが報告されています。

今回のSARS-Cov-2の感染レセプター(ACE-2)は、口腔内に存在し、特に舌の上皮細胞に多数発現していることが明らかになりました。舌には舌乳頭が多数存在し、実際に味を感知する器官である味蕾は、この舌乳頭に集まっています。

味蕾の味感知機能を障害し、味覚障害が起こすことが症状として現れると考えられます。
(資料提供 日本大学松戸歯学部 衛生学教室 有川量崇教授)

また口腔内の不衛生は、もし緊急時人工呼吸器が装着される事態になった場合、人工呼吸器関連肺炎(VAP)を引き起こすリスクが高まります。

コロナウイルス感染のレセプター(ACE2)は舌の粘膜に豊富にあり、経口感染には特に注意が必要です。

歯科診療所での日頃の口腔ケアは、口腔細菌由来の肺炎を防止して新型コロナウイルス感染時の重症化予防につながると考えられるのです。

(元国立感染症研究所客員研究員 鶴見大学歯学部
 教授 花田信弘
 臨床教授 医学博士 武内博朗 より引用改変)


まとめ

常日頃からの口腔ケアは、いざという時の体の生命力を高めます。また様々な健康管理にもつながります。たくさんの方々が、ただ削るだけの歯科治療ではなく、予防のための歯科治療にスイッチされることを切に願っております。





アレーズ銀座歯科
東京都中央区銀座5丁目5-16 銀座テーラービルディング7F
地下鉄銀座駅(丸の内線・銀座線・日比谷線)
B5出口より並木通り 新橋方向へ徒歩1分



【 路線・各駅情報 】
渋谷表参道外苑前青山一丁目赤坂見附溜池山王虎ノ門新橋銀座京橋日本橋三越前神田末広町上野広小路上野
日比谷線
中目黒恵比寿広尾六本木神谷町霞ケ関日比谷銀座東銀座築地八丁堀茅場町人形町小伝馬町秋葉原仲御徒町上野入谷三ノ輪南千住北千住
丸の内線
荻窪南阿佐ヶ谷新高円寺東高円寺新中野中野坂上西新宿新宿新宿三丁目新宿御苑前四谷三丁目四ッ谷赤坂見附国会議事堂前霞ヶ関銀座東京大手町淡路町御茶ノ水本郷三丁目後楽園茗荷谷新大塚池袋
麻布十番より広尾より

HOME
クリニック案内
アクセス
スタッフ紹介

一般歯科
むし歯(虫歯)
歯を守る
歯周病
歯周病セカンドピニオン
インプラント
インプラントセカンドオピニオン
美しい口元
セラミック
抜歯しない治療法
根管治療
マイクロスコープ治療
ホワイトニング
口臭
予防
歯のクリーニング
矯正歯科
表側矯正
舌側矯正
マウスピース型
カスタムメイド矯正装置
小児矯正
エステティック
アンチエイジング
メタルフリー治療
金属アレルギー
入れ歯
歯科人間ドック
歯のバンク

動画集
コンセプト
治療の流れ
料金表
お問い合わせ
リンク
求人・募集



アレーズ銀座歯科
銀座からの地図 東京都中央区銀座5丁目5-16
銀座テーラービルディング7F
銀座より徒歩1分
有楽町より徒歩4分
新橋より徒歩12分
銀座シックスより
数寄屋橋より

ご予約、お問い合わせ
診療時間
※矯正日のみ20:00までとなります