銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
金属アレルギー / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科
トップページ医院案内クリニック案内一般歯科予防歯周病インプラント相談



金属アレルギー

金属アレルギーから解放されるための歯科治療


歯科治療に使用される材料は様々存在します。それぞれどの材料が最も優れていると断言はできませんが、近年メディアなどでも注目されているのが、金属アレルギーに代表されるような重金属が口腔内に存在することによる健康被害です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/重金属



金属が原因となりうる症状


接触性皮膚アレルギー 

金属イオンが溶け出し皮膚のタンパク質と結合すると、アレルゲンとなり皮膚炎が起きる。血流に乗って全身に行き渡れば、全身性アレルギー性皮膚炎の原因となる。

起こしやすい金属としてはニッケル、コバルト、クロム。一方で、インプラントや被せ物で使用されるチタンやジルコニウムは、化学的に安定な不動態を形成し、金属イオンが溶出しないためアレルギーを起こす可能性は極めて低い。



掌蹠膿疱症

手や足などに水ぶくれを繰り返す病気。喫煙者やストレスを抱えている人に多い。しかし、禁煙をしても治癒しない例がほとんどで、また細菌やウイルスを含んでいないため、根本的な原因は慢性的な炎症が身体のどこかに存在することがわかっている。

慢性副鼻腔炎、咽頭炎なども考えられるが、近年口腔内に存在する歯周炎、根尖性歯周炎、そして歯科用金属イオンによる粘膜炎が大きな原因として問題となっている。



舌炎、口内炎

口内炎を繰り返す、舌がピリッとした痛みを繰り返す、その他口角の炎症や口唇の炎症などもこれに含まれる。口腔内の不適合な金属や歯周炎など不衛生な状況にある人は明らかに治りにくく、大きく関連していることがわかっている。


その他(頭痛、肩こり、めまいなど)

頭痛、肩こり、めまいなどの不定愁訴も関連性が指摘されている。いずれもその他の原因も考えられ、様々な角度からの診断が必要となる。

これらはまだ未知な領域で、アレルギーのような症状が無くとも血管や臓器、神経系に長期的なダメージを与える可能性を秘めてるとも言われております。



歯科における金属系材料


日本の歯科では、残念ながらまだまだ様々な治療で金属系材料が使用されており、世界的にメタルフリーが推奨されている時代においては、遅れをとっていると言わざるを得ません。

特に長年保険治療に適応されてきたアマルガム(広義では、混合物一般を指す)は、水銀を約半分ほど含んだ材料であり、生物や生体への毒性が問題視され今現在ではほとんど使用されなくなりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/水銀

また、金属系の材料は、作成する際に重合収縮を起こすことと、接着力がセラミックに比べて非常に弱く、詰め物の中を虫歯にさせやすい、脱離しやすいなどの欠点があります。


メタルインレー、
メタルクラウン(金属系の詰め物や被せ物)


利点

保険が適応される。安価である。
欠点 中が虫歯になりやすい(二次う蝕)。
 脱離しやすい。


もし、奥歯の咬合力のかかる箇所に、どうしても金属を使用しなければならない場合、せめてなるべくイオン化しにくい貴金属合金を選ぶのが賢明だと思われます。

また、表から見て白い被せ物でも、実は内面に金属が使用されている場合があります。


メタルポスト

左前歯(向かって右)はメタルポスト
(金属の土台)
右前歯(向かって左)はファイバーポスト
(金属を使用しない土台)
近年では、土台の部分も金属を使用しないようになってきた。


しかし、ファイバーポストは術者側の技術や知識によって取れやすくなるため、精密な処置が必要となる。
当院では、マイクロスコープを用いて接着剤を塗布する根面を清掃しステインを除去する。適正な前処理を行うことで、予後が格段に向上する。


陶材焼付金属鋳造冠(メタルボンド、PFM)

被せ物でも、明らかに金属のものはわかりやすいが、一見白い歯に見えて内冠に金属が使用されている場合もあるので注意が必要。
現在は強度が必要な内冠には、ジルコニア(不動態を形成する安定した白色の材料)が主流となっている。



当院における毛髪ミネラル検査と栄養指導の特徴


当院では、今までの重金属、ミネラルなどの蓄積状況をお知りになりたい方のために毛髪ミネラル検査を実施しております。

https://www.lbv.jp


また、抗加齢医学会所属認定歯科衛生士が専門性のある栄養指導と推奨されるサプリメントを提示いたします。

さらにご希望される患者様には、医科との連携によりアレルギーの原因も追究いたします。


メタルフリー


以上の内容より、当院では金属を使用しない治療を推奨しており、多くの患者様に大変喜んでいただいております。



治療例1

 

土台には、ファイバーポストを使用している。
 
内冠にも金属を使用していない。

このように金属を使用しない材料では、身体に優しいばかりでなく、
・歯茎の色が黒くならない
・透明感があり、自然の歯のように美しい
などのメリットがある。



治療例2

 


金属アレルギーで悩まれていた患者様。左が術前、右が術後。内冠にもジルコニアを使用することによって症状が改善された。
これだけ全体的に治療を行う場合、噛み合わせの調整や、適合、歯肉との調和が重要となるため、治療の難易度は上がる。



※まとめ


ジルコニア、セラミック、ファイバーポストなどの金属を使用しない材料は接着技術の進歩により予知性が格段に向上しました。
これらは、適正かつ的確な治療技術で処置をおこなえば、予後が非常に良い材料です。
金属による健康被害のほうが、患者さんの人生に大きな影響を与えます。
一人で悩まず、ご遠慮なくご相談にいらしてください。



メタルフリー治療top|歯科材料と重金属問題歯科材料と金属アレルギー

HOME
クリニック案内
アクセス
スタッフ紹介

一般歯科
むし歯(虫歯)
歯を守る
歯周病
歯周病セカンドピニオン
インプラント
インプラントセカンドオピニオン
快適な歯
セラミック
抜歯しない治療法
根管治療
マイクロスコープ治療
ホワイトニング
口臭
予防
歯のクリーニング
矯正歯科
表側矯正
舌側矯正
マウスピース型
カスタムメイド矯正装置
小児矯正
エステティック
アンチエイジング
メタルフリー治療
入れ歯
歯科人間ドック
歯のバンク

動画集
コンセプト
治療の流れ
料金表
お問い合わせ
リンク
求人・募集



アレーズ銀座歯科
銀座からの地図 東京都中央区銀座5丁目5-16
銀座テーラービルディング7F
銀座より徒歩1分
有楽町より徒歩4分
新橋より徒歩12分
銀座シックスより
数寄屋橋より

ご予約、お問い合わせ
診療時間
※矯正日のみ20:00までとなります