03-6274-5333

東京都中央区銀座5丁目5-16 銀座テーラービルディング7F

Orthodontics

矯正歯科

矯正治療の主な流れ

初診・相談

患者様の気になるところ、治したいところを伺い、お口の中を拝見させていただいた上で、現在のお口の状態に関するお話と、一般的な矯正治療の期間・費用・装置などについての簡単な説明をさせていただきます。

精密検査

骨格・歯並び・咬み合わせの状態について、写真・レントゲン・歯型などを採らせていただき、矯正診断用ソフトウェアと半調節性咬合器を用いて詳しく診断いたします。また、必要に応じてCTや口腔内デジタルスキャナーも撮影する場合があります。

コンサルテーション

検査結果に基づいた分析・診断・治療計画について詳しく説明いたします。その際、患者様のご希望を踏まえた上で、最終的な治療方針を決定いたします。

虫歯治療と歯のクリーニング

矯正装置をつける前に歯の汚れをしっかり落とします。虫歯や根管(歯の神経)治療中の歯は矯正治療前に治す必要があります。また、補綴歯(被せ物、詰め物)は矯正治療前に仮歯に置き換える可能性があります。

矯正治療

実際に装置をつけて歯を動かしていきます。治療期間は年齢や程度により個人差がありますが、小児矯正は1年半~4年位、成人矯正は1年半~3年位です。基本的に通院は月1回となります。 小児矯正は、前歯から第一大臼歯までが全て永久歯に生え替わる(12歳位)までとし、第二大臼歯を含めた永久歯全体の治療は成人矯正へ移行となります。

保定(リテーナー)

歯並びが整ったら、即治療完了ではありません。動いたばかりの歯の周りは骨が未成熟なので、装置を外したまま放置すると、すぐに後戻りが生じてしまいます。そこで、歯並びと咬み合せを保つために保定装置(リテーナー)を2年間使っていただきます。 ただし、生理的な成長発育を促す観点から、当院では原則として小児矯正後の保定は行っておりません。

矯正治療中は虫歯や歯肉炎になりやすいから、歯ブラシはしっかり頑張ろうね♪

硬い食物やくっつきやすい食 物は装置が壊れる原因になるから、食べるのを控えたり 食べ方を工夫する必要があるよ。

矯正歯科TOP