銀座の歯科医院アレーズ銀座歯科
予防歯科 / アレーズ銀座歯科
ご予約・お問い合わせ/アレーズ銀座歯科



予防/アレーズ銀座歯科



「口から始めるアンチエイジング」の核となるサービスです。歯周病・むし歯に関連する細菌を徹底的にコントロール・リセットするのが予防歯科の領域です。
本格的な治療を行う前提として本来欠かせないものであり、治療を施した歯をよりよい状態で長い間保存するためにも、予防歯科は必要不可欠であり、重要な役割を担います。
ご自身の歯をより健康に美しく保つこと、また本来の歯や歯ぐきの美しさを引き出すこと、これらが予防歯科の本旨です。

予防歯科メニュー
  オーラルリスクコントロールドック(ORCD)
  ORCD スケーリングプログラム
  ORCD 再評価
  3DS
  各種唾液検査
  歯周病菌特定検査

オーラルリスクコントロールドック(ORCD)

むし歯や歯周病のリスクを詳細に把握し、予防担当衛生士が、一人ひとりにあったオーダーメイドの予防歯科を提供させていただく、アレーズ銀座オリジナルのサービスです。
1回だけのPMTCとは異なり、歯1本1本を精密にチェックし、唾液検査等を行います。

PMTCをただ単に繰り返すだけではなく、お口の中の細菌量を抑え、健康な状態を常に維持したい方、歯周病を徹底的に治癒させたい方、口臭が気になる方、自分にあったメンテナンス期間を知りたい方にお勧めいたします。

ORCD 検査内容と流れ

問診、カウンセリング
歯周病の進行、治癒には全身の健康バランスが大きく関わります。現在気になる症状、
全身の状態、生活習慣、日頃のお口のケア方法等、細かくお話を伺います。
唾液検査
以下の全ての項目を約10分間かけて調べていきます。
・むし歯菌2種
・唾液量
・唾液の質
・唾液の緩衝能
・唾液中CoQ10量
・唾液中コルチゾール量
(※検査項目によっては、結果をお伝えするまで数日かかるものがございますので御了承下さい)
歯周病精密検査
下記項目について、歯1本1本を細かく診査します。
・歯周ポケット測定
・歯ぐきからの出血の有無
・歯の動揺度(歯の揺れ)
・バイオフィルムの染め出し(付着箇所と量をみます)
・レントゲン上で見られる骨の状態
プレゼンテーション
(1)〜(3)の検査結果をお知らせすると同時に、予防医学に則ったむし歯・歯周病のプレゼンテーションを行います。
細菌数やリスクを軽減させるにはどうしたらよいのか、具体的なアドバイスをさせていただきます。また、歯周病の進行度やバイオフィルムの付着量をもとに、目には見えないバイオフィルムや歯石を除去するトータル時間(ORCDスケーリングプログラム)をご提示します。
ORCDスケーリングプログラム
スケーリングとは、歯の表面に付着したバイオフィルムや歯石を除去することです。
本プログラムでは、拡大鏡を使用し、歯1本1本のバイオフィルムを丁寧に除去していきます。むし歯・歯周病予防への一番の近道は、クリニックで行うプロフェッショナルケアと、患者様がご自宅で行う歯磨き等のホームケアとの両立です。ホームケアで必要な歯磨きのテクニックや、歯や歯ぐきの状態、生活リズムに合った予防物品の選出も、このプログラム内で行います。
(※歯周病が進行している方は、数回のご来院をお願いすることもございます)
ORCD再評価
初回検査〜スケーリングプログラムを経て、どのくらいお口の中が改善されたかを評価していきます。Before〜Afterの正確なデータを得るには、初回検査と同様の検査を行う必要があります。再度、唾液検査、歯周病精密検査を行います。
この結果に応じて、定期的なメンテナンス期間を決定します。もしくは、治療必要箇所の有無をドクターを交えご相談していきます。
定期的なメンテナンスへ移行の方
メンテナンスの期間は、一人ひとりのリスクや状態によって異なります。
定期的なメンテナンスではPMTCを行いますが、新たな問題が発生していないかをチェックするという大事な意味合いも持っています。ご来院いただく毎に、次回は何ヵ月後にメンテナンスを行うか、予防担当歯科衛生士が責任を持ってご案内いたします。
(※抜歯や外科的な治療が入る場合は、予後を考えメンテナンス期間が短くなることもあります。また、矯正治療を行っている場合も通常と異なることがあります)
歯周外科処置が必要な方
歯周病治癒を目指し、ドクターによる外科的処置に進みます。
処置に関しては、事前にドクターとの十分なカウンセリングを行います。一人ひとりにあった治療方法がございますので、ご希望やご要望がございましたらご遠慮なくお申し付け下さい。
外科処置をご選択された方は治療終了後、外科処置をご選択されなかった方も、予防担当衛生士による定期的なメンテナンスに移行していきます。

3DS(Dental Drug Delivery System)

歯型を採取し、マウスピースのような専用のドラックリテーナーを作り、その中に抗菌剤や抗体を入れ、お口の中に戻します。PMTC後、なお残っているバイオフィルムを薬液(塩酸クロルヘキシジン)によって化学的に除去する方法です。
PMTCと3DSの併用は最新のむし歯予防法です。唾液検査で細菌数が多かった方には特に効果的です。
専用マウスピースは数日間でご用意できます。